春の唄会~琉球古典音楽の世界~

2018年2月1日 in TOPICS


かっては琉球王朝時代、中国よりの使者である「冊封師」を歓待するための宮廷芸能として成立した琉球芸能。
「琉球古典音楽」とは琉球舞踊や組踊といった舞台芸能の土台となり。
また沖縄の祝いの座には欠かせない祝儀芸能として琉球から沖縄へと変換した現代においても脈々と受け継がれています。
ここ、東海地方でも琉球芸能に触れる機会も増えてきましたが「琉球古典音楽」がクローズアップされるような場はほとんどありません。
本公演は、沖縄・東海地方のみならず日本や海外でも活躍する若手演奏家の三人が集い、伴奏楽器を伴わず歌と三線のみというシンプルなスタイルに拘った琉球古典音楽の唄会を開催します。
詳細は画像をクリック

コメントを投稿する。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Twitter Users
Enter your personal information in the form or sign in with your Twitter account by clicking the button below.