Avatar of nobuchi

by

「価格は需要と供給で決まる??」

2014年11月15日 in TOPICS, 京都SOHO倶楽部


京都SOHO倶楽部メルマガ 「価格は需要と供給で決まる??」

 

アダムスミスの国富論では「価格は需要と供給で決まる」と論じているが、ほとんどの商品とサービスの価格は需給で決まることが多い。その代表例として株価などは、まさに買い手と売り手のバランスで株価が決まる。最近、株価が急上昇、その買い手はヘッジファンド? ひょっとして政府?金持ちはさらに金持ちにしている。羨ましい限りである
普通の商品・サービスは需給で決まるというが、嗜好品やブランド品・高級品などは、買い手の満足度が価格決定の要因の一つになっているみたい。
小生の実家は、西陣で西陣織の帯屋で製造卸を手広く商売していたが、こんなエピソードがあった。小売はやっていないが、時々、良家のお嬢さんが母親と一緒に直接家に買いに来らる。広い座敷に数多くの西陣帯を並べたが、目移りしてなかなか決まらない。そこで番頭は、この西陣帯は、倍の値段するがとてもお似合いと薦めたら、即決となった。最後に番頭は、さすがお目が高い、値引きして半額にしますと、母娘さんは大満足して帰られたとか・・・・(もともと、この帯は倍の値段でなく、ほかの帯と同じ値段だった!!!)
アダムスミスの国富論では、「商品の価格と商品の効用は必ずしも一致しないことも多い」と云う。ダイヤモンドと酒を例にとると、ダイヤモンドは高価格であるが貧乏人には着けることもなくその効用は非常に低い。それより安酒を死ぬほどたっぷり飲むほうが満足する、貧乏人には高いダイヤはいらない、まさに豚に真珠・・・
では、「愛」に値段はあるのか???夫婦間の金のやり取りは、、結納金にはじまり毎月の給料、そして遺産相続で終わるが、なかには慰謝料も発生する場合もある。「愛」の値段は「愛情の深さにリンクするのか?」解らないと回答するのが良いでしょう
いずれにせよ、商品とサービスの値段は安いほうがいいですね

コメントを投稿する。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Twitter Users
Enter your personal information in the form or sign in with your Twitter account by clicking the button below.