Avatar of nobuchi

by

今年も流行語大賞を選ぶ季節になってきた

2014年11月29日 in TOPICS


12/1京都SOHO倶楽部メルマガ
「今年の流行語は何かな」~「昼顔」になったらどないしょう!!!
今年も流行語大賞を選ぶ季節になってきたノミネート50を紹介すると「輝く女性」「STAP細胞はあります」「バックビルディング」「まさ土」「トリクルダウン」「デング熱」「ダメよ~ダメダメ」「家事ハラ」「2025年問題」「危険ドラック」「家事ハラ」「アイス・バケツチャレンジ」「マタハラ」「ありのままで」「リレゴー」「コッピト」「J婚」「ごきげんよう」「リトル本田」「ゴーストライター」「タモロス」「マイルドヤンキー」「リベンジポルノ」「JKビジネス」「絶景」「レジェンド」「ゆづ」「妖怪ウォッチ」「塩対応」「マウンティング」(女子)「こじらせ女子」「女装子」「号泣会見」「セクハラやじ」「集団的自衛権」「限定容認」「積極的平和主義」「勝てない相手はもういない」「カープ女子」「ワンオペ」「ハーフハーフ」「消滅可能性都市」「壁ドン」「ミドリムシ」「壊憲記念日」「イスラム国」「雨傘革命」「塩レモン」「ビットコイン」「エボラ出血熱」「昼顔」
さて、雑学の王の貴方は幾つ説明できるかな???
小生は「昼顔」を選びたい
「昼顔~平日午后3時の恋人たち」そんなタイトルでW不倫劇のヒロインを演じたのが、「目と唇が愛くるしい上戸彩」、どろどろした愛憎ドラマは、専業主婦をはじめ多くの女性を引き付けた。
最終回の愛の結膜は、皆様はどう感じられました??
(ちなみに、僕は上戸彩の大ファンです)
この「昼顔」は、じつはリメイク版で、原作映画は、カトリーヌ・ドヌーブが演じるフランス・イタリア合作映画であった。
カトリーヌ・ドヌーブ演じる上流階級の貴婦人が、夫にも、家庭にも、経済的にも恵まれていたにも拘らず、昼間は高級娼婦に自ら進んで身をまかす。
その夫との結幕が、すごい。貴婦人の、女性のさがを思い知らされた映画であった。
平凡な家庭生活をすごした小生?が、あえてこの「昼顔」を流行語大賞に選んだ所以である
※追伸
カトリーヌ・ドヌーブの「昼顔」とともに、その続編「夜顔」、カトリーヌ・ドヌーブのヒット作「シェルプールの雨傘」この3編、是非ビデオショップで借りて観てください。

コメントを投稿する。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Twitter Users
Enter your personal information in the form or sign in with your Twitter account by clicking the button below.