現在 2014 10月 のアーカイブを表示しています。

Avatar of nobuchi

by nobuchi

今週の言葉「見送三振、空振り三振、でもやっぱりホームランが一番」

2014年10月31日 in TOPICS, 京都SOHO倶楽部, 京都沖縄ファン倶楽部

見送三振、空振り三振、でもやっぱりホームランが一番
この秋、広島の台風による土石流の災害、木曽の御嶽山の突然の噴火による大惨事等大きな天災事故が起こった
そんな時、いつも話題になるのが、災害への事前警告の出し方である
広島の土石流の災害は、警告の出し方が遅い、まずいとマスコミに批判された。
その後、台風18号が来たときは、避難勧告はなんと134万世帯を越える数になり、反対に避難勧告を安易に出しすぎ、次に避難勧告を出しても誰も避難しなくなる恐れを招くと空振り三振も度を越すと批判される。
さらに台風18号が来る情報に基づき、JR西日本では、台風到来の前日に、翌日台風到来予定の午後、全面運休をきめ、告知し本当に運休させた。来た台風は、近畿にはあまり大した事なく、私鉄などは、ほぼ正常通り運行していたのである。もっと臨機央応変に対応したらとの専門家の間でも意見がわかれた。木曾の御嶽山の大惨事を機会に、休火山のある地元自治体が中心となって、規制や制約事項の検討のされているようだが、登山者相手の商売関係者との調整が難しくなかなか進んでいないのが現状である。
特に、火山の噴火も含めて地震の発生予測と、事前警告の出しかたは、商売の影響、人々への恐怖感を考えると、現実的に色々問題を抱えている。
「見送り三振」の事例を紹介します。京都沖縄ファン倶楽部では、年初から、「沖縄大好き、沖縄精通のメンバー5人集まり、今秋の沖縄旅行ツアーを検討し、素敵なプラン、並みの旅行会社では実現できないプランを組み、参加者を募ったが集まらない、申込期限が迫る、そんな状況に追い込まれた。
今一度、コスト、内容、勧誘を再検討して、強行に人集めしてはとの意見もありましたが、参加者がやっぱり集まらないリスクを重視し、きっぱり中止した。「空振り三振」より「見送り三振」をえらびました。
人生、会社、家族、恋愛 色々あります、たまには「見送り三振」もありますが、基本的には、「空振り三振」も辞さず、積極的に挑戦する ホームランが出るかも・・要は、バットを振らないと何事も起こらない。

Avatar of nobuchi

by nobuchi

12/19は「京都SOHO倶楽部士業メンバーによる無料法律相談の日

2014年10月30日 in TOPICS, 京都SOHO倶楽部, 京都沖縄ファン倶楽部

12月19日(金)は「京都SOHO倶楽部士業メンバーによる無料法律相談の日」です

・日 時 平成26年12月19(金) 16時~19時 の中の30分

・場 所 オフィス-ワン四条烏丸ビル会議室

下京区室町通り綾小路上る 鶏鉾町480

・事前予約制、その道のプロを紹介します

Avatar of nobuchi

by nobuchi

「晩秋の風物詩 落ち葉」

2014年10月28日 in TOPICS, 京都SOHO倶楽部, 京都沖縄ファン倶楽部

「晩秋の風物詩 落ち葉」

街々の街路樹は色づき始め、落ち葉が目に憑く季節となってきました。落ち葉といえばオーヘンリー作「最後の一葉」を思い出す。多分中学の国語での教材で読まれたかたの多いと思われますが、そのあらすじを紹介しますと・・・。
売れない芸術家が集まる古びたアパートに若い女性画家が肺を患い、医者から、窓の外の壁につたう蔦の葉っぱが全部散ったら、死ぬと云われててた。
彼女は最後の一枚が散るまでが生きようと「希望」を持ち続けた。
しかし、秋が深まり、木枯らしが吹き荒れ、葉っぱはすべてなくなると、もう死ぬんだと覚悟した若い女性画家は、吹き荒れた日の翌朝、最後の一枚の葉っぱが残っているのを見て、「希望」が叶ったと生きる力をつけ回復したのである。
同じアパートに、これまた売れない老画家がおり、いつかは傑作を描いて見せると酒を飲み豪語していたが、若い女性画家のことを知り、風雨の激しいなか、一世一代、壁に蔦の木の葉を描いたのであった。老画家は、反対に肺炎に罹り死ぬのであるが、後で事情を知った若い女性画家はあの最後の一葉こそ、老画家が豪語していた傑作であったと締めくくる話である。
この「最後の一葉」では
①    自己犠牲の尊さ、他人を救うため自分が犠牲になることの大切さを諭している。
②    「希望」を持つ大切さ、どんなに不幸な目にあっても、「希望」は捨ててはいけないと諭している。
朝日の出ない日はない。夜のあとには、必ず朝がくる。その夜が暗いほど、朝は明るく感じられる。陽はまた昇る・・・。
ヘレンケラ-の言葉に「希望は、人を成功に導く信仰であり、希望がなければ何事も成就しない」
まさにその通りである。人生、良い時もあれば、悪い時もある、良い時も悪い時も希望を持ち続けることが大切である長い間待ち続けた「希望(夢)」が叶ったときの喜びは測り知れないものがある。
※追伸 落ち葉をからめて一句 小さな前兆を捉え、将来の行方を探る。
「一葉落ちて 天下の秋を知る」 中国の正典 淮南子より
「桐一葉落ちて 天下の秋を知る」 豊臣家の重臣 片桐元祖 詠む
「微動地震感じて 御嶽山の噴火を知る」 筆者 詠む
「二葉落ちて 安倍内閣の秋を知る」 京都SOHO倶楽部会員 青塚氏 詠む

Avatar of nobuchi

by nobuchi

今週のコラム  「最近の京の街並みで感ずること」

2014年10月21日 in TOPICS, 京都SOHO倶楽部, 京都沖縄ファン倶楽部

「最近の京の街並みで感ずること」

最近仕事柄、京都市内の新築マンションの情報を集めているが、なんでこんなところにマンションが建つのとびっくり、嘆いてます。
御所の東、名水で有名な梨の木神社の境内の一角、駐車場に、借地ではあるが、マンションが建つ。
京都人はびっくり、そんなマンションに入れば京都人に意地悪されると、京都在住の入居が悪く、まだ多く売れ残っているみたい家具の街 夷川のど真ん中 老舗中の老舗「家具の宮崎」の本店地にマンションが建つらしい。
勿論、等価交換はどうかで、1階は「家具の宮崎」の店舗が入り営業するとは思いますが、京都の老舗がこんなことになるなんてピーチク・パーチク京の雀の喧しいこと・・・。
昔、京の大きな商家では、娘を嫁に出すときは、その広い座敷に「宮崎の家具」「西川の布団」「千總の御召」など嫁入り道具を荷飾りし、親類縁者、近所のひとに見せびらかしてた。
(このイベント?は、「荷飾り」という)
烏丸丸太町の「ダイマルヴィラ」にもマンションが建つらしい。
「ダイマルヴィラ」は、大丸百貨店の創業者下村家の京都の家であった、今も一角に下村さんが住んでいるみたい街中のとても素敵な洋風の蔦なからまるレンガ造り、大丸関係の迎賓館として使われてたみたいです。今後も時代の流れとともに、京都人の想いでの場所がマンションになってゆくところが多くなるとおもいますが、何か複雑な心境である。
もうひとつ、最近京の街並みでの話題は、所謂看板規制である。長い猶予期間を経てこの9月から施行された看板規制、まだまだ実行されず乱れたままである。
自費で期限までに看板付け替えしたお店はだまってはいないと思う。
さらに、道路まででた看板(夜になると出す)、提灯など監視の目が届かないことが多すぎる。
さて京都市の行政力が矯めさえる、京都市議会の良識が注目される。
観光都市京都に良いのだが、住民に理解と支持がないとまさに看板倒れに終わってしまいそう

ワライカナイ祭

2014年10月16日 in 京都沖縄ファン倶楽部, 京都沖縄県人会

ワライカナイ祭

2014年10月16日 in TOPICS, 京都沖縄ファン倶楽部, 京都沖縄県人会

Avatar of nobuchi

by nobuchi

今週のコラム   「ADR」ってご存じ???」

2014年10月14日 in TOPICS, 京都沖縄ファン倶楽部

「ADR(裁判外紛争解決手続き機関)」ってご存じ???」
この世の中複雑過ぎて色々なトラブル、紛争に巻き込まれる事が多い。紛争解決には、裁判沙汰という方法もあるが、相手が大企業、893、所謂似非などの場合、勝てる自信があればいいが、灰色の場合、とどめもなく金と暇を弄ばれ上手くいかないケースが多いと云う。
家賃滞納でなかなか支払ってくれないなどの時は、少額訴訟制度や支払督促制度なども利用できるが、これとて専門家に相談しないとなかなか上手くいかない。
そんな中、ADR促進法ができてその利用を進めているが具体的には、「紛争を抱えた当事者双方から、その分野で専門的知識を有する手続実施者が事情を聴取し、両者間の利害を適切に調整し、公平かつ妥当な解決に導く」制度で、「手続実施者」として専門性を有する士業団体等を法務大臣が認定している民間型ADR機関がある。
京都では①京都弁護士会②京都府社労士会③京都土地家屋調査士会④京都府行政書士会⑤京都司法書士会 が民間型ADR機関として認定されている。
さらに、社労士のなかで、特定社労士の資格(京都SOHO倶楽部の社労士の方もこの資格をお持ちの方もおられるが)があれば、ADR制度にそった代理業務もできるみたいです。
このADR制度を利用すると、裁判所など所謂公的機関と比べて利点が多い。
①    手続きが簡便である。臨機応変の処理ができる
②    解決までの時間が短い。裁判とは比べものにならないほど早い
③    当事者による自立解決ができる。勿論、その道の専門家が仲介するため法的妥当性の確保される
④    柔軟かつ公平な解決ができる
⑤    経済的である
⑥    非公開である
京都SOHO倶楽部には、数多くの多士済々な士業メンバーがおり、毎月1回「無料法律相談会」も実施してますが、このような制度もあり、トラブルに巻き込まれたら一度利用されもよいのではないかと思います。

Avatar of nobuchi

by nobuchi

朗読&講演会「命どぅ宝」~戦争と歌~

2014年10月9日 in TOPICS, 京都沖縄ファン倶楽部, 沖縄芸能イベント

映画「がじまるの恋」が面白いらしい

2014年10月8日 in TOPICS, イベント情報(京都), 京都沖縄ファン倶楽部, 京都沖縄県人会


映画「がじまるの恋」公式サイト → http://gajimaru-shokudo.com/

京都での上映は   Tジョイ京都という映画館 → http://t-joy.net/site/kyoto/schedule/index.php

増田勇人カウンターテナーリサイタル

2014年10月8日 in TOPICS, 京都沖縄ファン倶楽部, 京都沖縄県人会


Avatar of nobuchi

by nobuchi

第6回沖縄美ら島ツアー開催/参加者募集

2014年10月7日 in TOPICS, 京都沖縄ファン倶楽部, 旅行

今回の沖縄旅行は、京都沖縄ファン倶楽部・沖縄旅行部会のメンバーが、月並みな内容でなく本当に沖縄を愛する気持ちから、真に沖縄の本当の良さを味わって貰うよう企画し内容を吟味しましたお勧めの沖縄旅行です。
是非、ご家族、お友達お誘いの上、参加ください。
・2014年11月27日(木)~11月29日(土) の2泊3日ツアー 一泊目は憧れのリゾート「カヌチャベイホテル&ヴィラズ」
・一日目、二日目は、普通のツアーでは組まれない沖縄本島の北部方面(ヤンバルクイナ生態展示学習施設等)を訪問
・詳しくは、案内パンフをご覧ください(具体的な旅程表はその旨お申出ください)
・お問合せ・お申込は「京都沖縄ファン倶楽部旅行部会・野渕まで
(TEL/FAX) 075-746-2130  (E-Mail) kyoto.okinawafanclub@ktp-co.com

Avatar of nobuchi

by nobuchi

第6回沖縄フェスタin福井 11月2日(日)開催

2014年10月7日 in TOPICS, 京都沖縄ファン倶楽部, 沖縄芸能イベント, 芸能

京都沖縄ファン倶楽部 さま

いつも大変お世話になっております。
今年も福井沖縄県人会主催の沖縄フェスタを11月2日に開催することになりました。
三連休の日曜日という事で、遠方ではございますが、京都からもたくさんの皆様にお越し頂けたら、大変嬉しくおもいます。

福井沖縄県人会 山田 稲美
第6回沖縄フェスタin福井 11月2日(日)開催
・午後1時~17時
・システムパーク新栄
・出演 南風ファミリー いちゃりばょ~で~  その他大勢出演
・沖縄料理、飲み物販売あり

Avatar of nobuchi

by nobuchi

オフィース絵夢の企業成長ブログ、お引っ越しのお知らせです!

2014年10月7日 in 京都沖縄ファン倶楽部

  • オフィース絵夢の企業成長ブログ、お引っ越しのお知らせです!長らくご愛願いただきましたこのブログサイトですが、この度新サイトへ引っ越しすることになりました!新しいサイトは、こちらになります。http://office-m-blog.com/

    引き続きご贔屓いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

Avatar of nobuchi

by nobuchi

今週のコラム 

2014年10月7日 in TOPICS, 京都SOHO倶楽部, 京都沖縄ファン倶楽部

今週のコラム 「日本に生まれて本当に良かった」と感じる」
この一週間、香港の自治拡大をめぐりデモは繰り広げられている。つい最近は、スコットランドの独立を巡り選挙が行われた。これらは、同じ国ながら、歴史的背景がありその地区の自治を巡り揉めている。
お隣の朝鮮半島では、同じ朝鮮民族でありながら韓国、北朝鮮と二つの国に別れ、お互い骨肉の争いを続けている。
さらに複雑なのは、中近東の諸国である。一つの国に多くの違った部族で、部族間の争いが絶えなく続き国としての纏まりがない。その中近東において「イスラム国」という国?が台頭し中近東は勿論、欧米諸国まで恐怖に落とし込めている。
イスラエルとパレスチナの紛争は長い間争い続けて解決しそうもない。
全世界の平和を築く「国連」は何をしている?いまの国連常任理事国では対立して解決能力はない。
世界一軍事大国、経済大国「アメリカ」には、かってあった「世界の警察官」の力はもうない。
こんな全世界の争いをみていると、「日本に生まれて本当に良かった」と感じるのである。
日本にも、過って福島原発事故が発生し、当時の政権・民主党を狼狽えさせた。
また近年隣国との課題(争い)も増えている。中国との尖閣島、韓国との竹島、ロシアとの北方領土等々色々あり夫々重要課題であるが、深刻さでは前述の数多くの課題とは大きな隔たりがあるように思える。
日本が国家間の争いは少ないのは
①    日本が島国であり、他国と陸続きでない地理的立地条件の良さがある。
②    日本人が同じ一つの民族で構成され、基本的なDNAが一つである。
③    長い間、朝廷が、ある時は名実に、ある時は名だけもあるが全国を支配していた。
こんな良い条件のもと、日本がある。しかし、その安住感に浸り、危機意識にややもすると欠けるきらいがあるように思える。
「日本に生まれて本当に良かった」と感じるときこそ、常に政府、会社、家庭、自分としての、何が危機なのか、常に意識し、夫々の立場でリスクマネジメントを構築することが大切なのではないかとおもいます。

オール沖縄大支援「講演とコンサート」

2014年10月6日 in TOPICS, 京都沖縄ファン倶楽部, 京都沖縄県人会

10月11日(土)午後7時から、呉竹文化センター・創造活動室で、オール沖縄大支援「講演とコンサート」を行ないます。
講演は、平田義さん(日本キリスト教団牧師)。平和をつくりだす―沖縄に思いを寄せて。コンサートは、西垣由美子さんの南京玉簾から始まり、行動し斗うミュージシャン・川口真由美さん、京都で三線奏者のオーソリティー・大城敏信さん、そして全国で活躍されています元五つの赤い風船でお馴染みの長野たかしさん&森川あやこさん。この集いのフィナーレは、全員で「沖縄を返せ(沖縄に返せ)」の大合唱で締めくくります。
今、この沖縄支援の取り組みを強めるため、この「講演とコンサート」の趣旨に賛同していただける方を募集しています。賛同くださる方は、当日のプログラムにお名前を掲載させていただきます。ぜひコメントでご返事をください。
10・4「Xバンドレーダー基地いらない大集会」に伏見からマイクロバスを仕立てて行きました。
沖縄の辺野古に基地は作らせない!京都の丹後半島にも米軍基地は作らせない!沖縄県民と京都府民は連帯し、また共闘して、重要な鍵を握る沖縄知事選挙で翁長雄志さんに、何としても知事になってもらわねばなりません。
講演とコンサートに来てください。
(会場)
京都市呉竹文化センター  http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/