京都檀王法林寺


京都檀王法林寺
檀王法林寺は正式名称を「朝陽山 栴檀王院 無上法林寺」(ちょうようざん せんだんのういん むじょうほうりんじ)といい、その歴史は望西楼了恵(ぼうせいろうりょうえ)上人(1243-1322)の悟真寺(ごしんじ)創建にはじまります。了恵上人は浄土宗三条派の派祖となり、亀山天皇の帰依を受けて「朝陽山」の山号を賜り、文永9年(1272)に悟真寺を三条の地に建立しました。この地で宗祖法然上人の浄土の真義を伝えるなど、専修念仏の布教につとめられ、法然上人の教義をまとめた「黒谷上人語灯録」を著しました。上人は元徳2年(1330)88歳で入寂されましたが、このとき後醍醐天皇より「広済和尚」の号を与えられました。その後、悟真寺は応仁の乱をはじめ、度重なる天災人災の被害を受け、永禄年間(1558‐69)に焼失したと伝えられています。
この悟真寺の縁地に新しく檀王法林寺を築いたのが袋中(たいちゅう)上人です。

上人は天文21年(1552)磐城国(現在の福島県いわき市)にお生まれになり、14歳で出家し「袋中良定」と称するようになりました。上人はさまざまな地で修学に励み、若き頃より学僧と知られ浄土宗の教えをことごとく相伝されました。慶長7年(1602)、51歳の時に明(当時の中国)へ渡ろうと決意しましたがかなわず、翌8年から3年間琉球国に留まることになりました。帰国後、慶長16年(1611)京都に入り、了恵上人が開いた念仏道場の縁地(悟真寺)に草庵を建立し、「朝陽山 栴檀王院  無上法林寺」と名づけました。檀王法林寺において上人は、浄土念仏の教化につとめ著述に没頭された一方で、寺域を拡張し寺院の基盤を固められました。

檀王法林寺と琉球

 檀王法林寺を開山した袋中(たいちゅう)上人は、天文21年(1552)磐城国(現在の福島県いわき市)に生まれ、14歳で「袋中良定」と称して出家し学徳豊かな僧と知られています。武蔵増上寺などさまざまな地で修学に励み、磐城城内に菩提院を開き多くの著作を残されました。
しかし、上人の学問探求はこれに止まらず、明(当時の中国)に渡って学僧に教えを請い、未渡の経典を持ち帰りたいとの願いをもっていました。そして慶長8年(1603)、その意思を固めた上人は、兄の以八上人の反対を押し切って明への便船を求め、長崎平戸より出国されました。
しかし、当時の混沌とした国際情勢は上人の入国を許さなかったため、やむなく琉球(現沖縄)に上陸し留まる事になったのです。3年の琉球滞在のうち、上人は浄土念仏の教化布教に熱心に努められました。
当時の琉球国王、尚寧王は上  人に深く帰依されて、桂林寺(現那覇市松下町)を建立しました。また、サツマイモを普及させ砂糖精製技術をもたらし琉球の恩人と呼ばれた儀間真常公も厚く  上人に帰依されました。
上人の布教活動は、それまでの難解な仏教に比べ、易行易修(ただ念ずることによって救われる)であったため親しみやすく、国王から一般民衆にいたるまで、多くの琉球の人々に影響を与えました。
上人の帰国後、尚寧王が30数点の琉球宝物を寄進されたことをみても、その信仰の深さがうかがえます。

コメントを投稿する。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Twitter Users
Enter your personal information in the form or sign in with your Twitter account by clicking the button below.