恩納村


 恩納村(おんなそん)は、沖縄県内、沖縄本島の中央部に位置する村である。日本屈指のリゾート地であり、東シナ海の海岸に沿って走る国道58号線沿いには多くの大型リゾートホテルが立ち並ぶ。アメリカ合衆国のビル・クリントン前大統領やロシアのプーチン大統領などの世界の首脳も、2000年の九州・沖縄サミットの際には当村のホテルに滞在した。沖縄本島北部の西海岸に位置し北西に東シナ海を望む。南北27.4km、東西4.2kmと細長い地域である。山がちの地形で村面積のうち8割は山岳、3割は軍用地である。各所に小河川があり、その河口域に集落がある。河口には小規模なマングローブが見られることもある。水が豊富であるため、古くから稲作や藺草の栽培も行われた。またこの地域は首里や那覇から見た場合、山原(やんばる)では最も近い所に位置するため、「近山原」とも呼ばれていた。村内では恩納岳がもっとも目立つ山である。山林はおもにリュウキュウマツなどからなる二次林に被われる。恩納岳にはかつては保存のよい照葉樹林もあり、ヤンバルクイナも生息していたと考えられるが、現在では実弾演習場となり、リュウキュウマツやススキのブッシュが大部分である。伊武部(いんぶ)は恩納村北部、名護との境界、ヤーシ川(伊武部川)近くの一帯。現在は字名嘉真(なかま)の伊武部原(いんぶばる)。元々は川に沿って境界標識、即ち「印」を設けたことからの「印部」であり、「伊武部」は当て字である。この地域の部落は、1807年(明治3年)頃に儀間、次いで嘉手納の一族が移り住んできたのが発祥である。何分「オンナ」村の「インブ」とのことで、戦後の一時期、外部の人間の目を気にして「インベ」と呼ぶことにしたが、やはり先祖由来の歴史ある地名を変えるに忍びないと言うことで、現在は伊武部に回帰しており、一帯のビーチもインブビーチと呼ばれている。また、1980年の『恩納村村史』には、恐らく作りものの笑い話であろう、としながらも、「私の出身は恩納のインブです」「いや、おおよその人間はオンナのインブ出身であろう」という話や、豪雨時に川の堤が破損した時、沖縄県庁に「恩納の伊武部の土手破損」との電文を打ったところ、「名護の病院に連れて行け」と返電が有った話が紹介されており、更には、外部の人間にとっては一度聞けば忘れぬことの出来ぬ、独特な素晴らしい地名であると結んでいる。なお、恩納村には他にも万座毛(まんざもう)という景勝地がある.
http://www.vill.onna.okinawa.jp/

コメントを投稿する。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Twitter Users
Enter your personal information in the form or sign in with your Twitter account by clicking the button below.