大宜味村


大宜味村(おおぎみそん)は、沖縄県沖縄本島北部に位置するで、国頭郡に属している。世界最長寿国である日本国の中でも長寿地域として知られる沖縄県にあって一番の長寿の村である。沖縄本島北部、国頭半島西部に位置する。海岸付近を除き低地は少なく、東村との村界側の大部分は山地・森林になっている。村役場などの主要な施設は大兼久・大宜味集落の境界付近と喜如嘉集落付近、塩屋集落付近に分散している。大保ダム建設時の排出土を使った埋立事業が塩屋地先で進行中。非都市地域での大規模な土地造成の費用対効果、またやんばるという土地柄、自然破壊へつながる事業へ疑問を呈する声は少なくない。主要産業は第一次産業である。山地におけるシークヮーサーマンゴーシイタケの栽培が行なわれている。喜如嘉地域では伝統の芭蕉布が、完全な手作業で行なわれており、伝統技術を継承している「喜如嘉の芭蕉布保存会」が国の重要無形文化財の保持団体として認定されている。

http://www.vill.ogimi.okinawa.jp/

コメントを投稿する。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Twitter Users
Enter your personal information in the form or sign in with your Twitter account by clicking the button below.