八重瀬町


八重瀬町(やえせちょう)は、沖縄本島南部に位置する町である。2006年1月1日、島尻郡東風平町と具志頭村が合併して誕生した。当初は南風原町、大里村(現在は南城市の一部)を含む4町村で法定協議会を設けて協議していたが、南風原町の離脱により協議会が解散となり、2町村のみで合併することとなった。
八重瀬町の名前の由来は旧東風平町と旧具志頭村の間にまたがっている八重瀬岳(標高163m)から。
名所・旧跡・観光スポットは沖縄戦跡国定公園・八重瀬城跡・具志頭城跡(具志頭園地)・白梅学徒病院壕跡・富盛の石彫大獅子・小城のニーセー石など。
八重瀬町のHPは こちら

 

 

 

 

コメントを投稿する。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Twitter Users
Enter your personal information in the form or sign in with your Twitter account by clicking the button below.