与那国町


与那国町(よなぐにちょう)は、沖縄県八重山郡の町。与那国島の全部からなる。日本最西端の市町村であり、カジキ釣りやダイビングスポットとして知られている。島の南側には石でできた不明な人工物が遺跡として残っているが、特に近年では海底にも神殿のような人工建造物と思われる巨石群(与那国島海底地形)が発見され、海底遺跡の可能性があるとして注目を集めている。与那国方言(与那国語)という特殊な方言が話されている。高校未設置が元凶となり、進学者の流出、同時にその家族も流出するなどの過疎化が起きており、近年は人口減対策への取り組みとして、台湾との直接交易推進に依る活性化案を模索している。台湾の花蓮市と姉妹都市の関係を締結しており、2007年5月29日、花蓮市にて与那国町役場在花蓮事務所が開設された。日本の市町村では初の、単独による国外事務所設立の事例となった。日本最西端の地にあり、石垣島と台湾島との中間点にある。島の西端の西崎(いりざき)には「日本最西端の地」の碑がある。台湾の花蓮市との距離は111キロメートルで石垣島(118キロメートル)よりも近い。島の西側1/3は長いあいだ日本の防空識別圏・飛行情報区に組み込まれず、台湾の防空識別圏・飛行情報区であった。詳しくは、与那国空港の項目を参照のこと。現在、確認されるもっとも古い遺跡は縄文時代にあたる時期のトゥグル浜遺跡である。南方系の石器が見つかることから、ポリネシア文明圏や東南アジアの影響を受けた文化が存在したと考えられる。その後、与那国の歴史は判然としないが、グスク時代には台地上に集落が形成される。島仲村跡遺跡がその一つで、サンアイ・イソバの生まれた村として知られる。琉球王国時代より台湾との交易拠点であったが、特に台湾が日本統治時代に入ると、中継拠点として栄える。第二次世界大戦後に琉球列島米国民政府の支配下となった直後は、台湾との間に国境が発生し、台湾からの帰還者対策事業の増大等があり、1947年には人口は1万2000人に増加し、その後村から町へ昇格。しかしながら公式定期航路が閉じられたこと、その後の非公式交易(密貿易)の取り締りが強化されたことにより、その後人口が激減した。近年は辺境に依る衰退からの脱却を念頭に、台湾との直接地域交流を目指している。
http://www.town.yonaguni.okinawa.jp/

コメントを投稿する。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Twitter Users
Enter your personal information in the form or sign in with your Twitter account by clicking the button below.